墓石は長い年月の中で、風雨や照りつけ(紫外線)、地震などにさらされています。材質によってその程度は違いますが、色あせや、石がズレたり、ヒビ等も入ってしまうこともあります。そのように、経年や自然災害で劣化してしまった墓地を、美しく蘇らせるのが服部石材店のリフォームです。リフォームといっても一部分だけのものや、全体を改修するものなど、様々なケースがございますが、ここでは代表的な事例をご紹介していきたいと思います。

N家

リフォーム前 リフォーム後
画像
 
墓石タイプ 和型墓碑   和型墓碑
石の種類 大谷石   真壁石(小目)
地域 埼玉県久喜市   埼玉県久喜市
外柵(囲い)が大谷石製で、風化してきたので、御影石を使って新しくしました。すべて国産の真壁小目石を使い、階段式からバリアフリー式に替え、落ち葉が落ちる場所なので、お掃除がしやすいように全面石張りとしました。石碑は既存のものをクリーニングし、さらに特殊コーティングを施しました。香炉や墓誌も石碑と同じ、黒御影石製のものを設置し、花立もネジ式から落とし込み式に替え、やはりお掃除がしやすくなりました。

S家

リフォーム前 リフォーム後
画像
 
墓石タイプ 和型墓碑   和型墓碑
石の種類 大谷石   黒御影石
地域 埼玉県久喜市   埼玉県
外柵(囲い)が大谷石製で、かなり風化して崩れてきたので、御影石を使って新しくしました。階段式からバリアフリー式に替えお参りしやすくなりました。 石碑は既存のものを磨き直して、新品のようになっています。香炉や墓誌も石碑と同じ、黒御影石製のものを設置しました。ローソク立も付け、見違えるほどきれいなお墓になりました。